スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京MX・BSフジでのドラゴンボールGTの再放送は絶対録画すべし

 5月8日より地方局の東京MXでドラゴンボールGTの再放送が開始しました。以前にも書きました通り、ドラゴンボールGTのDVDは酷く低音質な一方で、テレビにおける再放送では初回放送時と全く同じ高音質な素材を用いています。これはGTからテレビ局への納品がフィルムではなくビデオテープに換わったことが主因で、テレビ局の側は依然音声がデジタル記録されている昔のビデオテープを用いているのに対し、東映自身はDVDを作る際に大元のフィルムから映像を取り込み直すと共に、あろうことか音声までフィルムに記録された劣化したものを用いてしまった為、著しい音質差が生まれてしまいました。果たして今回の再放送はどうなのでしょうか。

 まず結論から言いますと、東京MXの再放送はきちんと高音質な素材を用いています。しかし今までの再放送とは少し異なった点があります。実は音声は今まで通りに良いのですが、本編の映像はDVD版と同じリマスター素材に差し替えられています。これは大変意外な結果でした。何故ならば、きっと昔の映像をそのまま使いまわすならば高音質で、リマスター版に換わるなら音声もDVDと同様だろうと踏んでいたからです。また、実際のところ後者の可能性が高いだろうとも思っていました。今のテレビ放送の基準に合わせるためには映像のチラつきなど編集する必要があるでしょうし、その際にはアプコンしても見苦しくない素材として今後ずっと使うため、映像をリマスター版に差し替えるであろうことは容易に予測できます。映像を替えるとなると、音声もそのまま次の素材に記録されているものに替わるのは明白です。しかし、今回は違いました。経緯については大変謎が多いのですが、どうやら東映自身がやったわけではなさそうです。

 今回用いられている映像素材は近年東映アニメーションがよく用いているもので、オープニングのみが何故か古いD2ビデオテープマスターのものになっていて、後の本編・次回予告・エンディングなどは全てリマスター素材に替わっています。DVDとは違って次回予告は本放送と同じようにエンディング前に配置されています。これと全く同じものが任天堂のゲーム機・Wiiの映像配信サービス(現在は終了)で流されていて、そちらでは映像が同じ一方で音声はDVDと同じく非常に低音質でモノラルです。これが始まったのが2011年の10月ですので、そこからもしも今回の放送までの間に東映が音質の問題について把握し、そして差し替えたならば、東映自身が今回の再放送の為に音声を替えた可能性があります。しかし、東京MXとBSフジの再放送は今まで基本的にANIMAXと同じマスターを用いています。そしてネット上で調べたところ、ANIMAXでは数年前にHD放送を開始するにあたって放送作品のパカパカ表現などの修正を施しており、この修正が加えられたGTがWiiでの配信よりずっと前に放送されています。私は近年ANIMAXの視聴契約をしていませんのでこのANIMAXでの放送でどちらの映像素材が用いられたのか把握しておりませんが、無料視聴日に無印ドラゴンボールをチェックした際はDVD版のリマスター素材に変更されていましたし、今回の東京MXでの事情を踏まえると、リマスター素材+オリジナル音声という今回のマスターを最初に放送したのはANIMAXである可能性が高いです。

 以前ならANIMAXはフジなどの局から素材を貰う側であったはずです。しかしチラつき修正を施した無印・GTを最初に放送したのはANINMAXですし、HD化にあたって自分から新しい素材を東映より取り寄せて自身で編集した後、フジや東京MXなどの他局と素材を共有しているのではないでしょうか。もしかしたらフジが主導で行いANIMAXに提供したのかもしれません。しかしいずれにせよ、東映自身が提供し配信したものより先に同じ素材を用いたANIMAXのマスターが高音質であるということは、ANIMAXやフジなりテレビ局の側が自主的に音声を差し替えたことを意味します。恐らくは東映より局に新しく送られてきたリマスター素材をチェックしたところ、音が悪いことに気づき、昔のD2マスターから音声だけを取り出して組み合わせたのでしょう。そう解釈するのが一番自然であるように思えます。テレビ局のプロならば気づかないはずがない程の歴然とした差がありますから。

 というわけで色々な事情はあれど、つまり今現在放送されている東京MX、そして来月から開始されるであろうBSフジでのドラゴンボールGTの再放送は必ず録画しましょう。東京MXは15KHz以上の音域をカットしてしまいますし音声ビットレートが劣りますので、どちらかといえばBSフジの方がお薦めです。視聴地域も圧倒的に広いですし。起こって欲しくはありませんが、もしかしたら緊急地震速報などで音声にノイズが入る可能性もありますので、両方視聴可能な方はどちらも録画するのが一番良いでしょう。



 しかし、気を利かせて音声を差し替えてくれたのがもしもテレビ局の側であった場合、問題は東映自身が音声の問題にまだ気づいていないであろうことです。放っておけば今後もGTがブルーレイなどで新しく商品化される際にはまたきっとDVDの時と同じ誤ちを繰り返すことでしょう(今回のように単に昔の音声と組み合わせればそのまま完璧になるものを、わざわざ劣った素材から音声を拾ってきてリマスターしたのですから、DVD化の際に彼らがいかに馬鹿げたことをしたのかがよく分かります)。今後なるべく早く東映自身が音質の問題に気づいてくれることを願うばかりです。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

提供バックについて

とうとうBSフジでGTの再放送が始まりましたね。
早速見た感想ですが、場面が切り替わるごとに画面上下端部分に現れるノイズ状の汚れが気になりました。
記憶ではDVD版はそういった汚れはきちんと除去されていたと思うので、本編部分はDVDの素材を使ってる今回の放送ではなぜ汚いままなのかちょっと疑問に思いました。

しかし、一番印象的だったのは提供画面の映像ですね。
話が少し逸れますが、BSフジでは過去の名作ドラマが再放送される際にはたとえそれが90年代以前の古いドラマであっても、初回放送時にあった提供バックの画面や次回予告を可能な限り付けた状態で再放送してくれます。それが愛好家にとってはたまらなく有り難いのですが、もしかしたらアニメの場合でもドラマのように、と今回のGT再放送でも初回放送時に流れていた提供画面のイラストがオンエアされるでのはないかと密かに期待していました。

で、実際はどうだったかというと、本編から流用されたあの提供画面は96年当時に使用されていた物とは違いますよね。今回のBSフジでの再放送用に新たに用意された物ということなのでしょうか。
まぁ、ブルーバック処理されるよりかはマシだとは思いますが、出来る事なら悟空、トランクス、パンの3人(ギルもいたかな?)が映ってるあのオリジナルの物を使ってほしかったです。

Re: 提供バックについて

>> あやのんさん

> 早速見た感想ですが、場面が切り替わるごとに画面上下端部分に現れるノイズ状の汚れが気になりました。
> 記憶ではDVD版はそういった汚れはきちんと除去されていたと思うので、
> 本編部分はDVDの素材を使ってる今回の放送ではなぜ汚いままなのかちょっと疑問に思いました。

鋭いですね。私は気づきませんでした。映像の色味などはそっくりなのでDVDと同じニュープリントマスターだと思いますが、ゴミ取りなどのリマスターをする前の素材みたいです。アメリカやポーランドなど海外に輸出されたものがちょうど同じものでした。OPや予告の組み合わせの違いなどもこれで説明がつきそうです。


> 話が少し逸れますが、BSフジでは過去の名作ドラマが再放送される際には
> たとえそれが90年代以前の古いドラマであっても、初回放送時にあった提供バックの画面や
> 次回予告を可能な限り付けた状態で再放送してくれます。

90年代ではビデオ納品が圧倒的に増えたため提供バックが完パケ素材としてそのままくっついている率も高いのですが、それ以前のものも再現となると興味深い話ですね。


> あの提供画面は96年当時に使用されていた物とは違いますよね。
> 今回のBSフジでの再放送用に新たに用意された物ということなのでしょうか。
> まぁ、ブルーバック処理されるよりかはマシだとは思いますが、出来る事なら悟空、トランクス、
> パンの3人(ギルもいたかな?)が映ってるあのオリジナルの物を使ってほしかったです。

東京MXも同じものでした。しかし恐らくは仰るとおりBSフジの側で作ったものでしょう。GTはD2での完パケなら輸出素材などでも提供バックがそのまま入っているのですが、フィルムは恐らく別管理なので、東映自身による再テレシネの際に省かれてしまったのでしょう。私としてはむしろ気になるのが流れている曲です。DANDANの間奏が使われていますが、局の側で作っている以上恐らくは本編から取られているため、そうなると本編で唯一フル版が流れる最終話の回想場面のものを用いていることになります。で、それがモノラルなんですよ。これは後でまた記事を書くつもりなんですが、実はMXの方で5話以降になってもステレオに切り替わらないという問題が起きています。BSフジの提供バックで流れている最終話の音声もモノラルとなると、たぶん最終話までモノラルのまんまな可能性が高いです。CD音源から引っ張ってきた可能性も無くはないですが、その場合モノラルにトラックダウンするとは思えませんので辻褄が合いません。

ステレオでした

いきなりですが、BSフジのGT再放送についてです。
22日に放送された第5話を視聴したところ、明らかにステレオ音声でした。
DVDの音質は酷いうえにモノラルであり、今回の再放送は貴重なものです。
あと、OPもきれいな画質に変わってました。

Re: ステレオでした

>> モアさん

ええ、嬉しいことにステレオでしたね。とりあえず安心しました。
東京MXでのモノラル放送は単なる放送事故だったようです。情報提供ありがとうございました。

確かに音質は・・・

確かにドラゴンボールZ・GTの音質はちょっと時代錯誤ですよね。

昭和30年代~昭和40年代の音声を拾ってきたかのような音質ですよね(笑)。
プロフィール

Author:file_under & ケイ
世界のドラゴンボールの管理人です。気が向いたら更新していくのでよろしくお願いします。

ドラゴンボールや北斗の拳の本放送の録画をお持ちの方がいらっしゃいましたらこちらまでご連絡下さい。worlddbz@live.jp

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
管理人お薦め日米アマゾン商品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。