スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の海賊版コミックをレビュー その2

 毎度のことながらお久しぶりです。最初の記事より早2年とちょっと、ここで再び中国の海賊版単行本を取り上げてみましょう。

 香港を除く中国における最初のドラゴンボールは1989年に春秋出版社より発行された「小猴王」で、猴とは猿、つまり「小猿王」という訳になります。私は中国語に疎いのでその小猿王という名前が何を意味するのか分かりませんが、ネットで検索する限りでは本家西遊記の孫悟空のキャラクターがヒットしたりするので、どうやら孫悟空に関係する名前のようです。この「小猴王」は4巻か5巻ほどまで出たところで終了してしまい、その後「霹雳小猴王」の名で学苑出版社から9冊出たもののまたそこで終了したようです。



小猴王


何とも酷い表紙の霹雳小猴王

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

ドラゴンボール: 中国の海賊版コミックをレビュー



記念すべき第一回目の記事は数年前に手に入れたこいつのレビューでいきたいと思います。



ドン


(クリックで拡大)

中国で販売されたDBの海賊版(無許可で刷られた違法なもの)コミックです。18号の青い髪やクリリンのこちらも青い頭、その他酷過ぎる色彩センスなど表紙の時点でツッコミどころが多すぎるわけですが、それはさておきこの本のサブタイトルは中国語で「超ベジータ」と書いてあります。つまり世にも有名な「俺は・・・超ベジータだ!!」との恥ずかしすぎる名言がある、第二形態のセルとの戦いの辺りですね。それを踏まえて表紙をめくると・・・ 

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

Author:file_under & ケイ
世界のドラゴンボールの管理人です。気が向いたら更新していくのでよろしくお願いします。

ドラゴンボールや北斗の拳の本放送の録画をお持ちの方がいらっしゃいましたらこちらまでご連絡下さい。worlddbz@live.jp

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
管理人お薦め日米アマゾン商品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。