FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DBアニメ作品 OP・ED映像の素材現存状況まとめ

2018年11月よりドラゴンボールの旧劇場版作品がいよいよBlu-ray BOXで発売されます。こちらのBOXには特典としてノンテロップ版のOP・ED映像が収録される予定となっています。しかし公式サイトの記述を見た限りでは全ての作品のものが収録されるわけではなく、ノンテロップの特典は一部の作品に限られていることが分かります。

作品ごとのノンテロップ版OP・ED映像の収録の有無については、レーザーディスク版の頃からずっと一貫しています。これまでに収録されていない作品における素材の現存状況については不明のままでした。そこで今回のBlu-ray版発売にあたって、ノンテロップ版のマスターについて東映ビデオに直接問い合わせて確認してみました。以下、私の問い合わせ内容と東映ビデオからの回答の引用です。

(前略)
各作品の映像特典としてノンテロップ版のオープニング・エンディング映像が収録予定として掲載されています。2006年のDVD版の際にはニュープリント・コンポーネントマスターを使用した本篇とは違って、ノンテロップ版映像のみは御社発売のレーザーディスク版に使われていたコンポジットSDビデオマスターからの流用となっていました。今回のBlu-ray版でもノンテロップ映像についてはこちらの古いコンポジットマスターから起こしたものであるとの認識で相違ないでしょうか。また、ダイジェストや予告篇など他の映像特典につきましても新規HDテレシネであるかどうかご教示願います。

最後にこちらは技術的質問からは逸脱してしまい申し訳ないのですが、特典のノンテロップ版映像の作品ごとの有無は、それぞれ御社における元フィルム素材の現存状況と対応しているのでしょうか。当該映像特典はレーザーディスク版の収録状況から今回のBlu-ray版の収録状況まで一貫して合致しており、収録されていない作品との違いが何なのか不明瞭なためです。今回のBlu-ray BOXにおいてノンテロップ版特典映像の収録予定がない作品であっても、AB Vidéo発売のフランス版DVD(ASIN: B01IU3RZ3I)においてノンテロップ版OP・ED映像が新規テレシネで収録されている例が存在します。ノンテロップ版映像のマスターフィルムの現存状況がBlu-ray BOXにおける収録の有無と無関係なのであれば、どういった意図で作品により有無が分かれるのか、仕様の理由についてご説明頂けませんでしょうか。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

『神龍の伝説』とはソフト化の際に付いた副題なのか?

前回の記事では『オラの悟飯をかえせッ!!』という劇場版タイトルの正当性ついて疑問を呈しました。同様にタイトル表記について紆余曲折ある『ドラゴンボール 神龍の伝説』についても同様に検証していきます。

Wikipediaの記事においては、当該作の題名について下記の通り記述されています。

『ドラゴンボール 神龍の伝説』(ドラゴンボール シェンロンのでんせつ)は、1986年12月20日に公開された『ドラゴンボール』の劇場版第1作。劇場公開時のタイトルは『ドラゴンボール』であり、サブタイトルはソフト化する際に付けられた。


確定事項のように断言されていますが、そもそも「ソフト化する際に付けられた」というのは正確な情報なのでしょうか。『オラの悟飯をかえせッ!!』での事例があっただけに鵜呑みにはできません。こちらの記述も前回同様に出展は明記されておらず、恐らくは『大全集』の6巻が典拠となっていると思われます。

daizenshuu01.jpg daizenshuu02.jpg

続きを読む

『オラの悟飯をかえせッ!!』なんて題名は存在しなかった?

 このブログをご覧の方であればご存知の通り、ガーリックJr.が登場するドラゴンボールZ劇場版第1作目は劇場公開当時に何も副題が無く、単に『ドラゴンボールZ』という題名で公開されました。その後、ビデオソフト化時に『オラの悟飯をかえせッ!!』という副題が付けられたという事はWikipediaニコニコ大百科などに記載されており、Googleで検索すると多くのサイトで副題として使用されていることから、一般に広く認知されているようです。しかし、この副題について調べているうちに、どうやら本来は『オラの悟飯をかえせッ!!』というタイトル自体公式には存在しなかった可能性が浮上しました。

 まずなぜこの副題について調べるに至ったかというと、以下の複数の疑問があったためです。

(1) 同シリーズの他作品の副題と比較して明らかに異質
(2) 『オラの悟飯をかえせッ!!』という題を実際に公式ソフトで見たことがない
(3) Wikipediaの当該箇所の記述は出典が明記されていない

続きを読む

実は「超短縮版」だった『改』ブウ編

 『ドラゴンボール改』のブウ編が今年の4月から放送開始しました。編集が急ぎすぎだと感じられたりBGMが無意味に流れっぱなしであったり、個人的には当初は不満点だらけの出来でした。しかし話がバビディに移って以降は適切な「間」があり、セル編までと変わらないくらいの水準に戻ったように思えます。それもそのはず、国内で放送されたグレートサイヤマンから天下一武道会までの話は実は「超短縮版」で、いわば「改の改」だったことが判明しました。

続きを読む

テーマ : ドラゴンボール改
ジャンル : アニメ・コミック

理想的なドラゴンボールの映像ソフトとは

 本館の啓蒙部でも書いてきたとおり、現在公式に販売されているドラゴンボールシリーズの映像ソフトは全くもって完璧とは言いがたいものです。これが口うるさいファンの多いガンダム等であれば販売元がレビューでボコボコに叩かれているところなのですが、ライト層の多いドラゴンボール故に数々の不備・不満点が見過ごされてしまっている感があります。ZのDVDBOXが発売してから10年以上が過ぎたうえに原作漫画30週年を迎えた今、Blu-rayで旧作のHDリマスター版が発売する可能性は高まっています。果たして理想的なドラゴンボールの映像ソフトとはどんなものなのか、どうするべきなのか、もしかしたら関係者の方がご覧になって参考にしてくださるかもしれない淡い期待を抱きつつ書き綴ってみます。

続きを読む

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

file_under & ケイ

Author:file_under & ケイ
世界のドラゴンボールの管理人です。気が向いたら更新していくのでよろしくお願いします。

ドラゴンボールや北斗の拳の本放送の録画をお持ちの方がいらっしゃいましたらこちらまでご連絡下さい。worlddbz@live.jp

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
管理人お薦めアマゾン商品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。